体調を改善するためのサプリ

お腹

40代以上になると理由がわからないまま体調が優れないことが増えます。もちろん、個人差はあるもののわけもなくイライラしたり、疲れが取れにくくなったり、体の不調を感じやすくなるのです。これは更年期障害の発現であるため、そのままにしていても改善する見込みはありません。対策をしなければ、場合によっては体調をさらに悪化させてしまうことがあります。更年期障害の症状を改善するためには、積極的なサプリメントの服用が好ましいと考えられています。更年期障害の主な原因が女性ホルモンであるエストロゲンの減少に起因しています。特に、閉経後にはエストロゲンの分泌が著しく減少するので、それを補うためにもサプリメントを利用することは効果的です。

体調が優れない要因

医者と看護師

更年期に女性ホルモンが減少することで自律神経の働きにも乱れが生じてしまいます。脳は若い頃と同じようにエストロゲンの分泌を卵巣に命令します。しかしながら、更年期になると女性ホルモンのエストロゲンを分泌する器官である卵巣の働きが低下するため、思ったようにエストロゲンが分泌されません。それでも今まで通り脳は女性ホルモンの分泌の司令を出そうとするため、その結果として自律神経が乱れてイライラや頭痛といった症状にみまわれてしまうのです。このメカニズムが主に更年期障害の原因とされていて、様々な体調不良を引き起こしてしまいます。自律神経が乱れてしまうと、呼吸器官や消化器官、それに精神神経といった体のありとあらゆる部分が不調をきたします。

エクオールが重要な理由

腹痛

更年期障害を改善するために効果的な栄養成分として注目を集めているのが、エクオールです。研究が進んだことでエクオールが症状を抑える働きがあることが認められました。このエクオールという成分は、大豆に含まれるイソフラボンから作られる成分です。大豆に含まれるイソフラボンは、体内に摂取されると腸内細菌の働きでエクオールという成分に変わります。この成分は女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きがあることがわかっており、更年期により少なくなったエストロゲンに変わって中高年の女性の体調を整える働きがあります。ただし、問題は日本人の半数はこのエクオールを腸内で作り出すことができないということです。そういう人の場合には更年期の症状を改善することができないのかといえば、そうではありません。エクオールはサプリメントで効率的に補うことができるため、更年期の改善を期待できます。

広告募集中